角質ケアに関する情報が満載!

自分でできる角質ケアの方法

かかとがカサカサでストッキングが破けてしまうことがあります。
かかとがカサカサになってしまうのは、余分に詰まってしまった角質が原因です。
この余分な角質を取り除いて、かかとの皮膚を滑らかにするには角質ケアがおすすめです。
角質ケアは自宅で自分で行うことができます。
角質ケアの方法はまず、お風呂でゆっくりと湯船につかった後の柔らかになったかかとを軽石ややすりでかるくこすります。
このとき力を入れすぎると、かかとの皮膚を傷つけてしまいますので注意しましょう。
一定方向に向かってこするようにするのがポイントです。
お風呂から上がったら、きれいに水分をふき取ってかかとに化粧水をしみこませます。
この時の化粧水は普段使っているものでかまいません。
その後、尿素配合のハンドクリームや保湿クリームを塗って靴下を履きましょう。
軽石ややすりでこすった後は水分が失われやすくなっているので、しっかりと保湿ケアを行わないと逆にカサカサかかとを進行させてしまうので必ず保湿ケアを行うようにしましょう。
クリームを塗った後に靴下を履くようにすることで、保湿効果がアップしてクリームの成分も浸透しやすくなります。
湯船にはつからずにシャワーで済ませる場合には、洗面器にお湯を入れてその中に足を10分ほどつけてから、軽石などでこするようにすると良いです。
角質をとりすぎないようにすることも大切ですので、角質ケアは数日おきに行うようにするのがおすすめです。

敏感肌にも安心な角質ケア

本来はがれるべき古い角質がお肌に留まった状態に行ってあげる角質ケアですが、スクラブなど物理的な刺激によって行う角質ケアは敏感なお肌には少し負担がかかることもあります。
やさしくかつ不要になったお肌の角質ケアをしっかり行うのに最適なアイテムがあります。
それがヨーグルトです。
ヨーグルトは食べるだけでもその高い健康効果は知られていますが、お肌に塗ることで細胞の新陳代謝促進効果を期待できます。
ヨーグルトをベースに自身の得たい効果があるものをさらに足してあげることで、肌質に合ったヨーグルトパックができます。
乾燥気味で保湿効果もプラスしたい場合は、ヨーグルト大さじ1杯から2杯に対して蜂蜜、またはオリーブオイルを1mlから2ml程度加えます。
そこに小麦粉を大さじ1杯ほど足すと、適度な硬さになりお顔に乗せている間も垂れてくる心配はありません。
よく混ぜた3つの材料をお顔に伸ばしたら、10分放置して洗い流します。
皮膚の修復をする作用の亜鉛が含まれている無糖の純ココア小さじ1にヨーグルト大さじ1で作るパックは若返り効果が期待できます。
ヨーグルトパックで使用するヨーグルトは砂糖の含まれていない無糖タイプを使用してください。

Favorite

秀林外語専門学校は、韓国語、中国語、ベトナム語を中心とした通訳翻訳教育に特化しています。

韓国語 学校

グアム旅行や観光、オプショナルツアー・オプションツアー探しをお手伝いいたします。旅行の目的にあわせて、豊富な割引きツアーからお選びください。

グアム 観光

Last update:2015/11/24

Copyright 2015 角質ケアでスッピン美人 All Rights Reserved.